ザルツブルク郊外 ー ヘルブルン宮殿

ヘルブルン宮殿 – Hellbrunn

ザルツブルクの郊外にあるヘルブルン宮殿は、17世紀初期に当時のザルツブルク大司教によって建設された遊び心の豊かな宮殿。ザルツブルクの街中からは、割と簡単にバスで行くことができます。

公式ホームページは、こちら

このような感じで、あちこちに噴水が仕掛けられていて、楽しみながら宮殿を見学する仕掛けになっています。宮殿内のツアーがありますので、これに参加すると隅々まで楽しめます。うっかりすると、足元から水が噴き出してきてずぶぬれになってしまいます。これも楽しみの一つ。(2013年現在)

宮殿を楽しんだ後は、ガーデンで散歩をしてください。広大な敷地です。

ヘルブルンといえば、夏の宮殿だと考えられていますが、冬のヘルブルンも、なかなかお薦めです。さすがに噴水はすべて止まっていますので、宮殿内の見学はできません。クリスマスマーケットの設営があるようです。バスは冬も20分に1本動いていました。(2017年現在)

ちなみに冬のガーデンはこんな感じです。ヨーロッパは、夏と冬のコントラストが大きい!

このページの写真は、すべてYoko Iyeiriが撮影したものです。無断でのご使用はご遠慮ください。