食の文化 — 塩

村上譲顕著 『日本人には塩が足りない』(東洋経済新報社、2009年)

減塩ばかりが意識される中、少し異なる角度から塩のことを考えるための本です。塩の効果に焦点が当てられていて、ちょっとびっくりの情報もありました。

本のテーマにかかわる部分を引用してみます。

「今の日本人はみんな、塩についてとんでもない誤解をしているのです。塩は人間の体に欠かせないものです。特別な場合を除き、減塩などせずにしっかりとらなければいけないのです。」 (p. 3)

目次も掲載しておきましょう。

 序章 塩で健康を取りもどした私の体験 

 第1章 病気の原因は「体内環境」の乱れにあった
 第2章 「塩をとれば高血圧になる」は常識のうそだった
 第3章 塩不足が日本人の健康をそこねている
 第4章 塩でもっとキレイに、健康になる!
 第5章 塩の上手な選び方・とり方

 付記 「自然塩復活運動」と「自然海塩」の物語

マーク・カーランスキー(著)『塩の世界史――歴史を動かした小さな粒』

 塩が世界史の中でどのような役割を果たしてきたか、がとにかく膨大な情報とともに提示されています。スケール感がとても大きいです。上下二冊の構成になっていますので、かなり気合を入れて読まないといけません。

有馬で塩入りのソフトクリーム

塩とアイスクリームの相性はよいようで、各地で塩入のアイスクリームを目にします。有馬温泉では、金の湯から出たあとに、この塩入のキャラメルのソフトクリームが人気のようです。甘味は強めですが、全体としてあっさりした感じなので、ゆっくり写真を撮ったりして眺めていると、後半に溶けてしまいます。急いで食べるのがよさそうです。(2022年)

このページの写真は、すべてYoko Iyeiriが撮影したものです。無断でのご使用はご遠慮ください。