コーパス時代の英語学

1990年代以降の英語学の変化

1990年代ごろからコーパスの導入に伴い、英語学がどのように変容してきたかについての短いエッセイを執筆しました。書誌情報は、

家入葉子「コーパスから読み解く言語変化」『学士会会報』957: 56-60. 2022年.

になります。すでにいろいろなところで述べてきたことを新たにまとめたという感じのエッセイですが、現代英語研究に通時的な軸が加わったこと、英語史研究と現代英語研究との連続性が意識されるようになり、「通時的視点」と「共時的視点」の切り分けという考え方に変化が生じてきたことなどを書いています。コンピュータの導入により、英語学研究の性質そのものが大きく変容してきたことを重点的に論じています。(2022年10月)