英語の語順 ー too good a film のような言い方

現代英語は語順のルールがかなり重要だと言われます。英語史的には、古英語は語尾変化が複雑な言語でしたから、文法機能の多くを語尾が担っていましたが、時代の経過とともにこの語尾が脱落してきたために、文法関係を語順で表す部分が大きくなってきたということが定番の説明になります。

もう少し具体的に言うと、古英語ではたとえば名詞が現在のドイツ語のように格変化をしていて、名詞の形を見ることで、その名詞が主語なのか目的語なのか、という判断が多くの場合に可能であったということです。(実際には、主語と直接目的語の形が共通の場合も多いですから、あくまで全体としての概念で捉えることにしましょう。)現在は、文中の要素を特にきわだたせる必要がなければ、一般的に文の最初に主語を置く、つまり語順によって文法機能を判断していることになります。

ここまでは英語の語順についての前置きです。今回、英語の語順について取り上げてみたいのは、too good a film のような形容詞を冠詞よりも前に置く、少し変わった英語の語順です。

この語順に関係する研究で、Seppaenen, Aimo, Solveig Granath, and Lars Danielson (2002)の “The Construction ‘AdjP – a(n) – noun’ in Present-day English Syntax” (Leuvense Bijdragen 91(3-4): 97-136)は、なかなか面白いです。理論的な議論もありますが、このような形容詞を前に置く語順が出てくる事例を多数、コーパスから収集して提示してくれています。

so, how, too, no などの後に起こる場合、たとえば so much larger a house (p. 115) のようによく知られた事例はもちろんですが、ややマイナーなパターンとして、not strong enough a base (p. 121)や、副詞の much や far がついた場合、たとえば much worse a problem (p. 122) なども挙げられています。他にも very, pretty, absolutely, positively, clearly などの intensifiers がついた場合、たとえば absolutely excellent a professor of theology (p. 123) なども挙げられています。

形容詞の前置が起こることが普通であるもの、オプショナルであるもの、とても頻度が低いけれども起こるもの、などに整理されています。

つまり論文の中であげられているものがいつもこの語順を取るわけではなく、むしろ極めてまれなものもありますので、実際の運用においては注意が必要です。コーパスを使って研究では、珍しい現象を拾い上げることができますが、常に頻度への意識が必要になります。