脳の不思議

Jille Bolte Taylor著 『奇跡の脳』(新潮社、2009年)

脳卒中を経験した脳科学者の体験記です。左脳の損傷にともなう経験を自ら分析した著書。右脳にどのような働きがあるのかを具体的な経験を踏まえて解説したもので、なかなか貴重な情報だと感じました。(2012年)

エネルギーを与える人と奪う人がいるというのはなんとなく感じていたところですが、この著者も以下の引用のように語っています。

<引用>
「脳の主な機能が右側へシフトしたことによって、わたしは、他人が感じることに感情移入するようになっていました。話す言葉は理解できませんが、話す人の顔の表情や身振りから多くのことを読み取ることができたのです。エネルギーの動きがわたし達に与える影響については、特に注意を払いました。エネルギーを与えてくれる人がいるかと思えば、エネルギーを吸い取る人もいることに気づいたのです」 (p. 80)

目次もあげてみました。

はじめに 心と心、脳と脳
第1章   脳卒中になる前の人生
第2章   脳卒中の朝
第3章   助けを求めて
第4章   静寂への回帰
第5章   骨まで晒して
第6章   神経科の集中治療室
第7章   二日目 あの朝の後で
第8章   GGが街にやってくる
第9章   治療と手術の準備
第10章   いよいよ手術へ
第11章   最も必要だったこと
第12章   回復への道しるべ
第13章   脳卒中になって、ひらめいたこと
第14章   わたしの右脳と左脳
第15章   自分で手綱を握る
第16章   細胞とさまざまな拡がりをもった回路
第17章   深い心の安らぎを見つける
第18章   心の庭をたがやす

中野信子(著)『科学がつきとめた「運のいい人」』

中野信子(著)『科学がつきとめた「運のいい人」』が文庫本になりました。ミラーニューロンは聞きなれた言葉ですが、これを「運をよくするために活かす」という視点が実用的です。他にも、できることは少なくないなと感じました。印象に残ったところを引用してみます。

<引用>
「では、何を選ぶか、どちらを選択するかで迷ったときはどうするか。あえてリスクのありそうな道を選ぶというのも、よい方法のひとつだと私は考えています。なぜなら、リスクのある道を選んだほうが、脳が喜ぶ傾向にあるからです」(p. 109)

John J. Ratey著 『脳のはたらきがすべてわかる本』(角川書店、2002年)

脳にかかわるさまざまな問題が、日常的な言葉で、わかりやすく解説されています。脳と運動の関係、脳と音楽の関係など、脳と身体との連携が重視されていて、とても参考になりました。(2011年)

以下は、著書からの引用です。
「地球上の生物である人間はこの先、意識をますます進化させるのか。不運にも命にかぎりのある私たちには知るよしもないが、遺伝子はおそらくそうなることを望み、はるか未来にはその夢も実現するに違いない。」 (p. 151)

目次は、比較的簡潔で、以下のようになっています。

第一章 発達
第二章 知覚
第三章 注意と意識
第四章 運動
第五章 記憶
第六章 情動
第七章 言語
第八章 社会脳
第九章 四つの劇場
第十章 ケアと栄養