身体性、精神性 — ネルケ無法

ネルケ無方著 『迷える者の禅修行――ドイツ人住職が見た日本仏教』(新潮社、2011年)

神父として来日した Willem A. Grootaers氏の本を読んだあと、今度はドイツで坐禅と出会ったことがきっかけで来日し、安泰寺の住職となったネルケ無方氏の本を読みました。修行中のさまざまな体験がわかりやすく書きつづられています。正直なところ、「びっくり」の連続でした。それでも、いろいろな意味で希望が持てる本です。(2011年5月)

少し気になったところを引用してみると、
「今ここ、この自分が仏にならなければ」という仏教の原点が、今の日本ではあまり理解されていないのではないか、という気が私にはしています。(p. 11)

目次を読むだけでも、どのような内容のことが書かれているかがある程度把握できます。少し詳しいですが、以下に記してみたいと思います。

まえがき
どこのドイツだ?/安泰寺の修行/誤解だらけの日本仏教/葬式だけが仏教か?/修行は生き方の実践である

第一章 ドイツで仏教と出会う
1986年、ドイツに生まれる/母の死/神様はどこにいるの? 僕って誰?/坐禅との出会い/殻からの出口/ドイツのZEN/禅僧になりたい!/二人の祖父の影響/はじめての来日/日本で仏教が見つからない/焦燥の大学生活

第二章 憧れの修行生活
門前払い/お前は「現成公案」も知らないのか?/安泰寺へ/修行生活のスタート/地獄の作務/安泰寺の雲水たち/坐禅だけが修行ではない/下山

第三章 出家はしたけれど・・・
迷いと決断/出家。そして「無方」という「戒名」/二頭の山羊/ドイツ人に日本人の味は分かりません/「お前は靴底のチューインガム」/コップの水を空にして/カフカの鼠/山をおりてゆく仲間たち/ドイツに帰りたい・・・

第四章 京都てなもんや禅寺修行
掛搭志願/庭詰めと追い出し/旦過詰め/初相見/ドイツ人がなぜ修行をしているのか?/「末単」という存在の耐えられない軽さ/過酷な食事/恐怖の警策フルスイング/日本仏教のエリートには絶対に負けない!/軍隊よりも、地獄よりも・・・/老師との問答/不眠不休の臘八接心/方便が利く/「生きる」ことは、問題ではなく答えだった/我が名は、「ゲシュタポ」/この修行で、はたして人を救えるのだろうか/選佛場

第五章 師匠との決別
大藪先生との再会/「地に起く」。再びの安泰寺/寺の経営がピンチです/限界寸前・・・/格外の志気、感応道交/お前は波紋だ!

第六章 ホームレス雲水
ある決意/ホームレス入門/ディオゲネスの樽/ホームレスの「正法眼蔵」/四苦八苦/石垣の上の「お堂」/美しき闖入者/花でもなく草でもなく

第七章 大人の修行
雪のバレンタインデー/住職になる/安泰寺の「改革」/修行とは何か/トマトときゅうり/人生のパズルは一人では解けない/群を抜けて益なし/生きることと働くこと/日本人と欧米人の身体感覚/居眠りに憧れるドイツ人/羊たちと羊飼い/弟子が師匠をつくる/喜心・老心・大心/生死はみ仏のおん命/「迷える者」でありつづける

あとがき

ネルケ無方著 『裸の坊様――異文化に切磋琢磨される禅プラクティス』(サンガ新書、2012年)

ネルケ無方氏の二冊目を読みました。キリスト教から議論がスタートするので、とても理解しやすいと感じました。(2012年9月)

印象に残ったところを引用すると、
「その解決を哲学書に求めてもしょうがないし、仏教書に求めてもしょうがない。偉いお坊さんの説教を聴いてもしょうがないし、坐禅だけしていてもダメなのです。生きるということにつまづいた人は、ただ生きることによってしか救われません」 (p. 97)

目次も載せておきます。

第1章 禅とキリスト教
第2章 安泰寺の禅~坐禅と自給自足
 1.禅としての自給自足
 2.坐禅
第3章 出家失格
第4章 共に禅を生きる
第5章 全世界が叢林

ネルケ無方著 『ただ坐る――生きる自信が湧く1日15分坐禅』(光文社新書、2012年)

この本は坐禅のノウハウ本に近いのですが、体とのコミュニケーションということを考えさせられます。(2015年)

印象に残ったところを引用すると、

「坐禅にしても、辛いものを食べた後の坐禅と、甘い物を食べた後の坐禅と、酸っぱいものを食べた後の坐禅の中身がそれぞれ違うということは、実際にやってみればすぐに分かるはずです。坐禅が変わるだけではなく、自分自身が食べ方によって変わるのです」 (p. 108)

目次

はじめに
第1章 坐禅との出会い
第2章 なぜ今、坐禅を?
第3章 まず、頑張りすぎないこと
第4章 環境をととのえる
第5章 坐禅に向かう態度
第6章 坐禅に必要なもの:座布団、衣服
第7章 調身―身体をととのえる
第8章 調息―呼吸をととのえる
第9章 調心―心をととのえる
第10章 禅と実生活