日本から海外へ、海外から日本へ

渋谷勝己・簡月真著 『旅するニホンゴ』(岩波書店、2013年)

ハワイに出かけるときには、日本語やその他の言語の影響をうけた英語の姿ばかりが気になっていましたが、ハワイの日本語の方もなかなか興味深いようです。本書は、ハワイに限らず、世界各地に広がった日本語の姿を紹介してくれます。

また、言語の変種についての考え方として、以下の箇所を引用してみます。

「現在では、『そもそも言語接触を経験していない、純粋な言語などというものはない』という認識が広がり、海外の日本語変種や非母語話者の日本語変種も含めて、これまであまり注目されなかった/無視されていた変種が、言語研究の正当な対象として承認されている。日本語の多様性と関連づけて言えば、かつては、中心部にある変種ほど正当な変種で、周辺部にある変種はそれが崩れたもの、あるいはもともと劣った変種とみなされることが多かった。しかし、周辺部の変種は中心部の変種が崩れたようなものでは決してない。それ自身が、コミュニケーションのために使用される現場において最適に機能する、独自のシステムをもった日本語変種として理解すべきなのである。」(p. 24)

以下は、本書の目次です。

はじめに
第1章 海外に飛び出した日本語
ひとつめの旅――日系人日本語変種を訪ねて
 第2章 ハワイ――多言語に囲まれた暮らし
 第3章 カナダ――分散する日本語
 第4章 ブラジル――日本語をめぐる葛藤
ふたつめの旅――海外に残った日本語を訪ねて
 第5章 台湾―― 一人歩きする日本語
 第6章 パラオ――標準語をめざして
 第7章 世界の日本語を科学する
あとがき

Willem A. Grootaers著 『それでもやっぱり日本人になりたい』(五月書房、1999年)

神父として来日し、日本を愛したベルギー出身の言語学者 Willem A. Grootaers(愚老足)氏の自伝ともいえる読みものです。「Grootaers氏がJunshin Forum という雑誌に寄稿した論文を読みたいので送ってほしい」と頼まれて、Junshinがどのような漢字表記のJunshinなのかを確かめるために手にした本ですが、文化の違いを楽しみながら与えられた生を精一杯生き切る姿には共感できる面も数多くありました。

少し長いですが、目次を掲載してみます。

第一部 日本への道
生い立ち
 二つのことばで育った
 宗教戦争
 言語戦争
 家族の中の言語戦争
 戦時下の子ども時代 (二つの情景、爆撃と駐留兵、夏休みの爆風、後で聞かされたこと、初恋の結末)
神父への道
 苦行
 神への壁 (第一の壁、第二の壁、第三の壁、第四の壁、中国へ)
愛しき中国
 相棒シロは蹴飛ばしの名手
 日本軍と共産党ゲリラと匪賊の関係
 匪賊の首領は粗暴なる好青年
 無言の抵抗
 恐怖のつり橋
 憲兵隊長の鈴木さん
悲しき中国
 収容所の二つの事件
 今度は北京で軟禁生活
 忘れ得ぬ二人の医師
 輔仁大学での教え子
神と学問のなざまで
 テイヤールが私を解放してくれた (テイヤールとの出会い、人類の統一の一点は愛、生涯をかけた二つの仕事の結合とは、なぜテイヤールは異端視されたか)
 信頼するものはばかげたことか

第二部 日本はすばらしい
日本へ
 神を伝える者として
 二人の恩人
 大学こぼればなし (国際基督教大学、法政大学、清泉女子大学、上智大学)
日本寸描
 至福
 詩人の国
 簡素な中の幸せ
 架空のイメージと実際の日本
 働く喜び
 名前をたくさん持っている
 音痴の記録 (音痴の系譜、思い出の曲、クラシック王国日本)
 音痴の音楽活動
日本全国自転車旅行
 三十六年間日本縦横無尽
 浮浪者と間違えられて
 「家内は日本人です」の効能
 ついに日本人になった
 「自転車に乗る苦しみ」
日本人はすばらしい
 真の女傑
 おばあさんの墓参
 ハッピーエンドは離婚
 船を見ていた少女――スウェーデン婦人記者の日本旅行記より (船を見ていた二人連れ、愚先生に会う、少女に会う、二人の結論)
日本語と国際人
 「おくに」はどちら?
 国際会議を百倍おもしろくする方法
 日本語には未来形も複数形もある
 日本語の特徴は心と魂
 日本人の英語
 国際人づくり
 日本人は国際人である

第三部 生きていることはすばらしい
 智と愚 (智をとり愚を捨てた愚、人格尊重という「愚」)
 火星人のいたずら (喜劇と悲劇の始まり、パニックはこうして起こった、パンドラの箱、科学の副作用)
 科学は冷たく人間の心はあたたかい (医学では教えないこと、石の法則、医師の悩み、人間として)
 幸福の島
 ひざまずく人は何を考えているのか
 完全であるのは下品なことか
 生きるということ

第四部 終章
 二つの勲章 (日本の勲章、ベルギーの勲章)
 死の淵で
 お通夜の翌日
 本当に日本人になれるかもしれない
 蛇足