Geoffrey Chaucer

YouTubeでChaucerを学ぶ

Larry D. Benson (gen. ed.), The Riverside Chaucer

1987年にハードカバーで出版され、その後ペーパーバック版が発売されました。現在は、Oxford University Pressから出版された再版で入手することができます。Chaucerのテキストを読む際の標準的な版となっています。注が詳しく、グロッサリーもついていて、語学的な解説を含む序の部分も有用です。テキストも丁寧に編集されています。ただし、テキストによって担当した編集者が異なりますので、編集の方針がかなり異なると感じる面もあります。Larry D. Bensonは、general editorです。

Norman Davis et al., A Chaucer Glossary (1979, The Clarendon Press)

Norman Davis, Douglas Gray, Patricia Ingham, Anne Wallace-Hadrillにより編纂されたChaucerを読むためのGlossaryです。出版からかなりの時間がたっていますが、ロングセラーで現在もChaucerを読むための辞書として広く使用されていて、入手も可能です。Middle English Dictionaryと合わせて使用するのをお勧めします。

David Burnley, A Guide to Chaucer’s Language (1983, Macmillan)

1983年に Macmillan から出版された David Burnley の A Guide to Chaucer’s Language は、Guideとなっていますが、比較的専門性の高い名著です。現在は、University of Oklahoma Press の復刻で手に入れることができます。Chaucer のテキストを読む際に、合わせて講読すると効果的です。

前の記事

Lingua franca